トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  LOMO LC-A  >  「日曜日の陽だまり」読みました。

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

「日曜日の陽だまり」読みました。

2007年01月27日

20070130142154.jpg


「日曜日の陽だまり」ハービー山口   2005年 求龍堂

泣きながら、やっと読み終えました。

この本のほとんどは、子供時代の思い出から
70年代のパンクムーブメントのまっただ中にいたエピソードが多い。

パンクはリアルタイムではないのだけれど、
そうそうたるミュージシャンの名前が出てきて懐かしい。
一番びっくりしたのは
「ツトムヤマシタ」の劇団に在籍していたことだ。
当時一世を風靡したミュージシャンだが、今、何をしているのだろう。
NHKの「ツトムヤマシタ」の特番を必死に見た記憶がある。

あとは、有名な話で、
ボーイ・ジョージ、クラッシュ、ピストルズ、ヴィヴィアンウエストウッドなどなど。
ミュージシャンになれなかった女の子の話。追っかけをしていた女の子の話。

泣けるエピソードはたくさんあるけれど、
体が弱かったせいで、学校の先生に意地悪されていた話。
やり場の無い憤りを感じる。
しかし、その後ささやかないい出会いがたくさんあり、
コンプレックスも少しづつ薄れ、彼は写真家の道を歩き始める。

ここらへんはあまりにも涙なので、今はちょっとまとめられない。
ただすべての出会いは無駄じゃないこと。

すばらしい言葉がたくさんあるのだけれど、
本日紹介する一言。小津安二郎が言った言葉らしい。


「何でもないことは流行に従い、大切なことは道徳にしたがい、芸術は自分に従う。」

植田正治は古い人間にならないために流行のファッションを身に着けていたそうだ。
作品に取り入れるのではなく、流行の洋服を着る事で、
現代の空気を吸った頭と体で作品を撮ると古くならないとか。
ファッションだけじゃなく、自分の好きな分野、映画、音楽、小説などなど。
流行を追っただけの作品は受け狙いのうわべだけのものになると。
芸術は自分に従い、一枚一枚、積み重ねるのが大切なようだ。

なんだかまとまらなくってすみません。
大事な泣ける話は落ち着いてから、いずれまた。

このページのトップに戻る

コメント

・・・・・(T△T)。
mikiさんの記事よんで、また涙。
あぁ、涙腺弱くなったなぁ(笑)
あまり本を読まない私だけど、
この本は本当に宝物。大切な本です。
辛い思い、悲しい思いをするのは嫌だけど
人の痛みが分かる人って強くなれると思います。
全ての出逢いは無駄じゃないですね。

>TJさん

あちこちで泣かないで!笑
記事読み返してみたらハービーさんの説明になってないみたいでしたね。
あんまり上手に書けなくてごめんなさい!
辛い思い、悲しい思いをしたことがある人じゃないと
人の痛みは解らないんですよね。
だからハービーさんの写真は
いつも優しくて暖かいんだなーと納得です。
ハービーさんを紹介してくれてありがとう♪
わたしにとってもこの本は宝物になりました。

コメントの編集

自分がどこでコメントしたのか分からなくなって、
コメント消えちゃったーなんて思ってたらココにありました(笑)
私もまたハービー談熱く書こうかなと思ってます(笑)

>TJさん

私もよくあります。
誰がどこのお友達なのかわからなくなってます。リンクしたかどうかも曖昧です、汗。
ぜひぜひ、教祖自ら熱く語っちゃってください。感想も一人ひとり違うと思うのでみなさんの感想を聞きたいですね。

コメントの編集

ハービー先生の写真は優しくて大好きで
コンテストでも何度も選んでもらったのに
この本は読んでませんでした。
明日本屋で必ず買おうと思います。
買って読んだら
きっと先生に私の写真を見てもらいたいから
先生が選者をしているコンテストに出すんだ
ろうな・・・と思います。
無謀なことですが、素敵な、素晴しい先生に少しでも近づきたいです。
明日、早く本を読みたいです。

コメントの編集

>satoshiさん

うまく書けませんでしたが、子供の頃のエピソードは涙です。
ハービーさんに何度も選んでもらってるなんてうらやまし過ぎですよ^^
satoshiさんならハービーさんに近づけますって!
みんながハービーさんのような優しい気持ちで写真を撮れたら
世の中もっと良くなるのかなあ、なんて思ったりします。
読んだらぜひ感想を聞かせてくださいね。

コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

最新コメント

タグクラウド

QRコード

QR

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。