トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  未分類  >  EAST JAPAN EARTHQUAKE

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

EAST JAPAN EARTHQUAKE

2011年04月14日

IMGP6966のコピー


EAST JAPAN EARTHQUAKE というセットでFlickrに震災の写真をアップしました。
できれば左上の01から順番に見てほしいです。4月2日のものです。
正直、web上にアップするのはどうなのかと悩みました。
もう見たくないという方もいらっしゃるでしょうし、
報道の人間でもないのに撮影するのもどうかなと思いました。
これは作品ではなくただの記録です。
これがリアルだと身近な人にこそ伝えたいと思います。

どこの家庭でも上の世代と小さいもめごとがあるそうです。
TVしか見ていないとどこかよその出来事に思うのでしょうか。
家が半壊しているのに、息子さんにタンスの引き出しから通帳持ってきてというおじいちゃん、
・・・タンスも流されてないのに、とか。
うちの母もカメラ仲間のおじいちゃんのカメラはどうしたのかなとか。
危機一発津波を逃れて助かったのにカメラどころじゃないですから。
家の写真とそのご近所の写真を見せたら絶句してました。
そのあたり一帯はかろうじて建物が残っていても、
一階部分はぐちゃぐちゃで、ひどいお宅は乗用車が突っ込んでひっくり返ってました。

何度も友達に話しましたが、一時期スーパーに物がなかった時、
どこそこの食パンとどこのなっとう買ってきてなど頼まれました。
そういうのなかったですから。いつもの仕入れじゃないルートで、
別の業者さんからやっと入ってきてるなじみのないメーカーのパンやなっとう、
それだってスーパー側でやっと仕入れたのだと思います。
数日間ではありましたが、スーパーに入るまで二時間の行列、
やっと入ってもあちこちの棚がもうすっからかん。
イチゴジャムを頼まれましたが、売り切れでブルーベリーだけ。
ブルーベリーじゃダメなの?これしかなかったよと言いましたが、
やっぱりイチゴで、、、と。(まあ、好き嫌いはあるでしょう)
家の壁が部分的に崩れてすきま風で寒いのよって年寄りだから何度も話す。
家があるだけいいでしょう。家も職場も家族も流された方が大勢いるでしょう。

これは写真でも見せて現実を見てもらわないとだめだなと。
いつものあの場所がこんなになっている、
一面ががれきでどこにどの家があったのかわからない状況。
これが私たちに起こっているリアルなのだと。
うちの市だけじゃなく東日本の沿岸部はずっとこれが続いているのかと思うと、
本当にやり切れません。
しかしそのリアルな風景に目をそむけるわけにはいかないでしょう。
被害状況もいろいろです。
すべてを流され避難所暮らしを余儀なくされてる方。
家は無事でも原発に近いため避難所にいる方。
自宅にいても職場が、畑が、酪農が、漁業が、、、、。

3/11から断水でやっと市内の水道がほぼ開通した矢先、4/11でまた断水や停電の地域。
4/11の片づけをやっとしたのに4/12にまたぐちゃぐちゃに。。。
しかも毎日何度も揺れを感じます。
いつになったら落ち着くのか、まったく先が見えず不安な毎日です。
そろそろ前を向いて行きたいのにどうなんでしょうか。

3月より今の方がこわさを感じます。
原発の状況もなにが本当の話なのかわかりません。
みんな心細いので、まめにメールなどで連絡を取り合っています。
そろそろきれいな風景を見にいきたいなあと思っています。
とりとめのない文章でごめんなさい。


このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

最新コメント

タグクラウド

QRコード

QR

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。