トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  未分類  >  花は嫌いだ、と先生が言った

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

花は嫌いだ、と先生が言った

2011年01月09日




「俺は花って嫌いなんだよ。
なのに生徒にたまにプレゼントされるからすごい迷惑。」

と言いながら生徒さんから頂いたゴージャスなシクラメンの鉢植えが
枯れないようにお世話しているそうです。

「花ってさ、女と同じじゃんか?
きれいに咲いてる時はみんなきれいだ、かわいいってちやほやするけど、
枯れたらポイって捨てられちゃうでしょ?
俺そういうのって耐えられないんだよね。。。」

さすが昔ヨコスカでかなり遊んでいらっしゃったようで、
おっしゃる事が違います。なんというフェミニストっぷり。
私はそういうお花の悲しみを写していけたらいいな、といつも思っています。
実力が伴わず、なかなか上手くいきませんが。

「私、枯れた花の写真も撮りますよ。
でもね、切り花は仕方ないけど、庭の木や、球根や、種は、
季節が変わるとまた花が咲くじゃないですか。」

と私、ビリバンの歌のような事を言ってみたり。(今はサカモトフユミ)

そして後で思う。枯れなきゃいいんだと。


*fc2の拍手の設定変えたらせっかく頂いていた拍手データがリセットになってしまいました。ごめんなさい。
IMGP6120x.jpg

学生のころから尊敬する写真家さんは荒木氏でそれはずっと変わらない。
なぜならそういう女心をとてもよくわかってくれているから。
乳がんで亡くなった宮田美乃里という歌人との、
亡くなる前の歌と写真のコラボとか、
乳房再建手術をした一般女性の写真集とか、
荒木氏にしかできないお仕事ですよね。
(でもこれらはまだ見る時期じゃないと思って見ていないし、
買ってないのですが。)

私、落ち込んだ時に必ず出してくる本の中に、
「すべての女性は美しい」というのがあります。
これは2001年に出たものです。今は文庫もあるみたいです。
これを読むと女子力があがって、
明日からまたがんばろうって気持ちになります。

だから荒木氏もこの先生もうんとうんと長生きしてほしいです。

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

最新コメント

タグクラウド

QRコード

QR

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。